読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜはてなブログを選んだのか?というお話

ブログについて
LINEで送る

f:id:mmnc:20170302233413j:plain

ブログをはじめるにあたってまずなやんだことはもちろん「何を書くか?」ということですが、これについてはそのうちまとめることにします。アバウトページをデザインするにあたってまとめたいと思いつつもなかなかまとまらないので後回し。

今回はタイトルの通り、「なぜはてなブログを選んだのか?」ということを書きたいとおもいます。

長期的に考えるならばWordpressが最良

仕事でWordpressのカスタマイズを散々やっているのにも関わらずどうしてはてなブログを選んだかは、Wordpressはカスタマイズができすぎてしまうからです。

動線やコンテンツ内容、デザインやマークアップなどなど、いいサイトをつくるにあたってかんがえなければならないことは山のようにあって、普段そういったたくさんのフローを経て、構築に至るわけですが、そもそもわたしがしたいこと、このブログに求めたことは「ブログを書くこと」でした。

収益化をねらうにしても、まずはほんとうにつづくのか?というところは、自分自身、疑問はありますし、散々かんがえて挙句オープン前に挫折、なんてことは容易に想像できました。

そのため、まずは無料のブログサービス内でできる範囲のことをしてみて、もっと機能がほしくなったときにはじめてWordpressを候補にいれます。

ブログを書く場所に求めた機能

  • デザインがある程度カスタマイズができること
  • できればHTMLもCSSjQueryもいれられること
  • webフォントが導入できること
  • 無料であること(できれば!)
  • 広告が少ないこと(可能な限り)
  • SEOについてをすこしは意識して運営できること

無料のブログサービスはたくさんありますが、その中でも上記のことを満たすのがはてなブログでした。

IT系のブログも多いですし、マークアップもわりとしっかりとしているのでSEO的にも不十分ということはなく。CSSを書いて非公開のテーマを自作すれば、既存のHTMLを元に試行錯誤することはできるので、それなりにデザインもオリジナリティが出せます。

はてなブログのよさ

はてなブログのよさは、ほとんどの必要とおもわれる機能がデフォルトでそろっていることから、収益化をかんがえる人でも、最初から「ブログを書くこと」に専念できることだとおもいます。

飽き性の人や、はじめてブログをするにあたってつづけられるのか不安な人が、"とりあえず"ではじめるにはとてもいい場所だとおもいます。まわしもののようだけど、わりとほんとにおもったことなのでそのまま素直に残しておくことにする。

まとめ

わたしは文章を書くことがむかしから苦手で、"書きつづけること"がとにかくむずかしいタイプだから、ここはなるべく週1〜2ぐらいで記事を書くことを目標にしたいとおもいます。